映画24区トレーニング

俳優・脚本家・監督・プロデューサー
映画と出会う人々の学びの場「映画24区トレーニング」Since 2009

03-3497-882403-3497-8824
(平日:10-17時)

トレーニングメニュー

演技応用クラス

受付:
募集中
開催:
定期講座(全3日間)
演じる

この講座を申し込む

概要

映画脚本1冊を用いた、実践形式のクラスです。
与えられた脚本を深く読み込み、現場で要求される水準の演技を確実に提示できるよう、映画監督が3日間15時間の集中訓練で鍛えあげます。最終日は映画プロデューサーやキャスティング担当者などによる講評を行います。

俳優の実践演技

2020年3月からスタート!
キネマ旬報ベスト・テンで学ぶ俳優のための脚本読解講座

映画24区では、創刊100年を迎えた映画雑誌『キネマ旬報』を発行する株式会社キネマ旬報社と連携し、歴代の「キネマ旬報ベスト・テン」に選出された映画の脚本を題材にした授業を、2020年3月より「演技応用クラス」に開催致します。キネマ旬報ベスト・テンは今年で93回を数え、アカデミー賞より1回多く、世界的に見ても歴史と権威がある映画賞とされています。その始まりは1924年(大正13年)にさかのぼり、その中には、小津安二郎、成瀬巳喜男、黒澤明など、錚々たる監督たちの作品がラインナップされています。映画24区トレーニングでは、「キネマ旬報ベスト・テン」に選出された約900本近い優秀脚本を題材に講座を開催することで、俳優の読解力向上は勿論のこと、歴史を理解し、教養のある<本物の映画俳優>を輩出することにつながると確信しています。

キネマ旬報×映画24区

【こんな人におすすめ!】

  • 緊張感のある高いレベルの中で映像の演技力に磨きをかけたい
  • 映画脚本の読解力を深めて、現場で監督の期待に応えられるようになりたい

【この講座に参加すると】

ライバルの中から頭一歩抜け出る技術が身につきます。
映画のオーディションに勝ち抜く実力が備わります。
映画監督やプロデューサーに抜擢されて実践の現場に呼ばれる機会が増えます。

日程

2020年7月

演技応用クラス
キネマ旬報ベスト・テンで学ぶ俳優のための脚本読解
〇7月6日(月)~8日(水) 11:00~16:00 深田晃司 課題:『よこがお』(2019) 締切:6/21(日)

2020年8月

演技応用クラス
キネマ旬報ベスト・テンで学ぶ俳優のための脚本読解
〇8月3日(月)~5日(水) 11:00~16:00 大崎章 課題:『嵐電』(2019) 締切:7/19(日)

この講座を申し込む

講座概要

対 象
俳優を志す方/事務所所属・無所属は不問/心身ともに健康な方
経験者向けクラス (事前に書類選考あり)
受講基準
スキル認定済 C以上
スキル認定未済 書類選考
※スキル認定とは?
(当面の間スキル認定条件を解除させていただき、書類審査のみとさせていただきます。)
講 師
7月:深田晃司監督
8月:大崎章監督
申込締切
7月:6/21(日)
8月:7/19(日)
日 程
5h×3日間
受講料

3日間クラス 27,000円 [会員価格]24,000円(税別)

俳優の教科書

映画24区トレーニングの指導方針を深くご理解いただくために、授業参加者の方には弊社書籍『俳優の教科書/1,800円(税別)』の購入・購読を必須とさせていただいております。ご理解の程、よろしくお願いします(お持ちの方は不要です)。

定 員
20名

講師紹介

深田晃司

深田晃司(ふかだ・こうじ)

1980年生まれ。映画美学校修了後、06年中編『ざくろ屋敷』を発表。パリKINOTAYO映画祭ソレイユドール新人賞受賞、08年『東京人間喜劇』を発表、ローマ国際映画祭選出。10年、『歓待』を発表、東京国際映画祭「日本映画・ある視点」作品賞、プチョンファンタスティック国際映画祭最優秀アジア映画賞を受賞。13年『ほとりの朔子』でナント三大陸映画祭グランプリ受賞。16年『淵に立つ』が第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査委員賞を受賞。17年第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。NPO法人独立映画鍋共同代表。19年最新作『よこがお』を発表。ロカルノ国際映画祭正式出品。

よこがお【課題】『よこがお』
DVDレンタル中/Amazonプライム・ビデオほか視聴可能
献身的な仕事ぶりが評判の訪問看護師・市子。ある日、訪問先の大石家の次女が行方不明となるが、逮捕された犯人は意外な人物だった。事件の関与を疑われた市子は、築いてきた信頼や生活の全てを失う。主人公・市子を演じるのは『淵に立つ』に続き、深田監督と再タッグを組んだ筒井真理子。トロントやロッテルダム国際映画祭で絶賛された。脚本は深田監督のオリジナル。2019年度、第93回キネマ旬報ベスト・テン第4位。
(C)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS
監督/深田晃司
出演/筒井真理子/市川実日子/池松壮亮/吹越満

大崎章

大崎章(おおさき・あきら)

1961年生まれ、群馬県出身。龍村仁に師事して、ドキュメンタリー番組、CMなど制作。その後フリーになり、助監督として『無能の人』(竹中直人監督)、『あの夏、いちばん静かな海。』(北野武監督)、『ソナチネ』(同)、『2/デュオ』(諏訪敦彦監督)、『洗濯機は俺にまかせろ』(篠原哲雄監督)、『式日』(庵野秀明監督)、『スリ』(黒木和雄監督)、テレビ『私立探偵濱マイク』などに携わる。『リンダ リンダ リンダ』(山下敦弘監督)では監督補を務めた。2006年、『キャッチボール屋』でデビュー(10/21 東京・新宿K's cinemaで公開)。第16回日本映画批評家大賞新人監督賞を受賞した。2015年『お盆の弟』が公開。出身地の群馬・玉村町を舞台に自らの自伝的要素が濃く入り込むこの作品は 内外から高い評価を獲得、第37回 ヨコハマ映画祭にて主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞受賞の4冠に輝く。最新作には『無限ファンデーション』などがある。

嵐電【課題】『嵐電』
DVDレンタル中/Amazonプライム・ビデオほか視聴可能
この電車に乗れば、どこまでだって行けますよ。京都市街を走る電車。京福電気鉄道嵐山線(通称らんでん)を舞台に、三つの恋愛が幻想的に交錯する―。2019年度、第93回キネマ旬報ベスト・テン第9位。
(C)Migrant Birds / Omuro / Kyoto University of Art and Design


監督/鈴木卓爾
出演/井浦 新/大西礼芳/安部聡子/金井浩人

受講生の声

  • オーディションに勝つには瞬発力をつける等、とても勉強になりました。自分の弱点や長所も分かって良かったです。
  • 自分の足りない部分をズバッと指摘して頂き、それを改善するために何度もアドバイスをしてもらいました。厳しい中に優しさを感じます。
  • 「どうすれば作品をより面白くできるか」「みんなと協力しながら良い点を引き出し合いながらひとつのもの作りをする」など俳優の仕事として役に立ちそうですごく勉強になりました。
  • 俳優にクリエイティブの意識を持つきっかけを与えて下さりました。映像の世界観、魅せ方、演技の基本、作られるまでの過程、など普段目にしない深いところまで知ることができた。

この講座を申し込む

  • お申し込み
  • 資料請求
  • 授業見学・説明会
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • アクセス