ニュース

お知らせ
2020.01.18

キネマ旬報ベスト・テンで学ぶ俳優のための脚本読解(演技応用クラス) スタート!

映画24区トレーニングでは、創刊100年を迎えた映画雑誌『キネマ旬報』を発行する株式会社キネマ旬報社と連携し、歴代の「キネマ旬報ベスト・テン」に選出された映画の脚本を題材に、俳優の演技力を高めるクラス「キネマ旬報ベスト・テンで学ぶ俳優のための脚本読解」を2020年3月より開始します!

キネマ旬報ベスト・テンは今年で93回を数え、アカデミー賞より1回多く、世界的に見ても歴史と権威がある映画賞とされています。
その始まりは1924年(大正13年)にさかのぼり、その中には、小津安二郎、成瀬巳喜男、黒澤明など、錚々たる監督たちの作品がラインナップされています。

これまで「キネマ旬報ベスト・テン」に選出された約900本近い優秀脚本を題材に講座を開催することで、俳優の読解力向上は勿論のこと、歴史を理解し、教養のある<本物の映画俳優>を輩出することにつながると確信しています。

●講師の映画監督と作品
3月 平山秀幸監督 『OUT』(2002年度キネマ旬報ベスト・テン第4位)
4月 足立紳監督
5月 大崎章監督
6月 深田晃司監督

▼三谷一夫(映画24区代表)コメント
昨今の映画制作現場では、十分な予算や余裕を持ったスケジュールが確保されていないケースが多く、俳優が脚本と向き合う準備時間がほとんどありません。
その結果として俳優が脚本を読み解く力が随分落ちてしまったと感じています。今後、アジア全体の中で日本が質の高い映画を作り続けていくためには俳優の脚本読解力を鍛える環境は必須と考えています。
このたび、キネマ旬報ベスト・テンに選出されてきた優れた映画脚本を題材に、現在、第一線で映画を撮り続けている映画監督にご協力いただき、若い俳優の指導にあたっていただくことになりました。今、「映画俳優」という言葉を発するのは時代錯誤なのかもしれませんが、日本映画界で活躍できる俳優が1人でも多くこの講座から生まれることを願っています。

===========================
【キネマ旬報ベスト・テンで学ぶ俳優のための脚本読解】
▼演技応用クラス 講座概要

◎講座詳細について
http://eiga24ku-training.jp/menu/acting_03.html

日程:3月17日(火)~19日(木) (全3日間)
時間:各日11:00~16:00
講師:平山秀幸督(『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』『ヴェレスト 神々の山嶺』等多数)
受講基準:スキル認定 C以上 (スキル認定未済の方は事前に書類選考)
受講料:27,000円(税抜) 会員価格24,000円(税抜)
定員:20名(予定)
申込締切:3月9日(月) ※定員になり次第締切

◎お申し込みはこちら:
http://eiga24ku-training.jp/entry1/

===========================

※演技応用クラスはスキル認定C以上の方が対象、スキル認定未済の方は書類選考となります。
◎スキル認定試験について
 http://eiga24ku-training.jp/menu/skill.html

◎映画24区メンバーズ会員の方は会員価格が適用になります。
 年会費3,000円(税込)が別途必要となります。
 詳しくはこちら:http://eiga24ku-training.jp/support/

◎ご興味のある方は、お申込みフォームから:
 http://eiga24ku-training.jp/entry1/
 □「演技応用クラス:3/17(火)~19(木) 平山秀幸」を選択してください。

◎お申し込み頂いた方は、書類選考後に結果についてお知らせ致しますので少々お待ちください。
 その後個別に受講料や課題についてご連絡させて頂きます。

ご不明な点やご質問などがございましたら、いつでもお気軽に事務局までお問合せ下さい。
皆さまのご参加をお待ちしております!
どうぞよろしくお願い致します!

▼お問合せ先
映画24区トレーニング 事務局
03-3497-8824 (平日10~17時)
info@eiga24ku-training.jp

ニュース一覧へ戻る

  • お申し込み
  • 資料請求
  • オンライン説明会
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • アクセス