映画24区トレーニング

俳優・脚本家・監督・プロデューサー
映画と出会う人々の学びの場「映画24区トレーニング」Since 2009

03-3497-882403-3497-8824
(平日:10-17時)

トレーニングメニュー

【キネマ旬報×映画24区】映画教養講座

受付:
募集中
開催:
特別講座(全1日間)
聴く

この講座を申し込む

概要

『キネマ旬報』創刊100周年を迎えたキネマ旬報社と、これまで映画製作と並行してプロの映画人育成のために邁進してきた映画24区がタッグをくみ、新しい映画人の教養講座がスタートしました。

映画俳優を目指す方ばかりでなく、映画に関わるすべての方にとっても大変興味深い内容となっております。ゲスト・講座内容は毎回異なります。ぜひ皆さまも楽しみながら学んでください!

キネマ旬報

※開催中止※
4月21日
(火)19:30~21:00
森直人(映画評論家)
「映画監督との対話術」

この21世紀、令和時代――映画というクリエイションの形を選択し、集団で作品世界を構築していく“映画監督”とはいったいどんな人たちなのでしょうか? 映画を「監督の思考を具現化するプロジェクト」だと捉えたとき、その理念や想いを深く共有し、真に創作参加するための条件とは? 監督に“同士”として選ばれる俳優とは? 映画批評はなぜ必要か? 表現活動の本質にタッチするための“教養”とは何か? YouTubeチャンネル『活弁シネマ倶楽部』などのインタビュアーとして今の最前線を走る気鋭監督たちの聞き手を務める評論家が、映画監督のアタマの中に迫るメソッドや心得を公開します。

森直人さん

日程

2020年4月

開催中止

この講座を申し込む

講座概要

対 象

年齢不問。
俳優・脚本家・演出家・評論家・プロデューサー・俳優のマネージャーなど誰でも参加可能です。

日 程
調整中
受講料
2,000円(税込) [会員価格] 1,800円(税込)
定 員
40名
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、定員数を40名とさせて頂きます。

講師プロフィール

森直人

森直人もり・なおと
(映画評論家)

1971年和歌山市生まれ。近畿大学文芸学部卒業。97年より「キネマ旬報」読者の映画評投稿をきっかけにフリーランスでライター業を開始。現在「朝日新聞」「週刊文春」「メンズノンノ」「シネマトゥデイ」などで定期的に執筆。著書に『シネマ・ガレージ~廃墟のなかの子供たち~』(フィルムアート社)、編著に『21世紀/シネマX』『シネ・アーティスト伝説』『日本発 映画ゼロ世代』(フィルムアート社)『ゼロ年代+の映画』(河出書房新社)ほか。インディーズ映画祭「MOOSIC LAB」などで審査員を担当。映画監督のロングインタビューなどを行うYouTubeチャンネル『活弁シネマ倶楽部』ではMCを務める。

この講座を申し込む

  • お申し込み
  • 資料請求
  • 授業見学・説明会
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • アクセス