映画24区トレーニング

俳優・脚本家・監督・プロデューサー
映画と出会う人々の学びの場「映画24区トレーニング」Since 2009

03-3497-882403-3497-8824
(平日:10-17時)

トレーニングメニュー

スキル認定試験

スキル認定とは?

「映画俳優」としての力量を映画24区が独自の査定方法で評価・認定させていただくものです。本認定は映画24区トレーニングをご利用いただく俳優の皆さま、そして皆さまをサポートさせていただくスタッフが、互いに現状把握及び今後の目標設定や課題と対策を共有させていただくための指標とすることを目的としています。

映画24区トレーニングが提供する俳優向けのクラスや講座にはスキル認定による受講基準が設けられております(一部の講座除く)ので、ご利用の際は事前にスキル認定試験(または映画俳優スタートアップクラス)を受けていただきますようお願い致します(2020年4月以降はスキル認定のない方はクラスや講座を受講できなくなりますのでご注意ください)。

今後、本認定は映画24区が募集する作品や芸能事務所のオーディション時にも活用していく予定です。

査定方法

俳優にとって必要な以下4つの評価項目を3人の審査員で採点した結果の平均値をもとに、S~Eの6段階にて認定させていただきます。認定の有効期限はありません。

  1. 思考・言語化力
  2. 声・身体のコントロール力
  3. 脚本読解力
  4. 実践力

スキル認定基準

スワイプ可能

認定 認定要件
S 映画俳優として作品づくりに参加できる技術・思考・知識・意欲・謙虚さを兼ね揃えており、
どの映画の現場でも即戦力して活躍することができる。
A 映画の世界観を正確に掴み、俳優として演技や自分の言葉で具体的に体現することができる。
映画界において将来的に活躍が期待でき、芸能事務所に推薦することができる。
B ものづくりに関わる意識が高く、映画の現場で俳優に要求されていることを具体的に理解している。
映画脚本の読解が深く、相手の芝居を十分にサポートできる技術がある。
声・身体のコントロールが高いレベルで維持できている。
C 映画脚本を身体に馴染ませ、俳優としてものづくりに参加できる基礎的な技術が備わっている。
声・身体を委縮させずに発散することができる。
D ものづくりに俳優として参加する意欲があり、演技訓練の重要性を理解できている。
映画俳優としてのスタートラインに立てるまで、1年以上の基礎訓練が必要である。
E 映画教養の習得及び声・身体の基礎訓練を開始する必要がある。
映画俳優としてのスタートラインに立てるまで、2年以上の基礎訓練が必要である。

クラス・講座の受講基準

受講基準一覧表【スキル認定】

スキル認定試験

スキル認定試験は定期的に実施いたしますので受講を希望される方は、以下のフォームからお申し込みください。何度受講していただいても構いません。訓練を積んで上のランクを目指してください。

認定試験を申し込む

  • お申し込み
  • 資料請求
  • 授業見学・説明会
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • アクセス